住宅ローンの固定金利

住宅ローンの固定金利は、適用期間中はずっと一定の金利が続きますが、期間を選ぶことができます。
適用期間は、2年、5年、7年、10年などに分かれており、この期間の選び方で返済額が決まってきます。


適用期間の選び方ですが、金利が低い場合は、10年などの長期間に設定した方が良く、金利が高い場合は、2年などの短い期間に設定することです。
ちなみに、金利は短期間より長期間の場合の方が高くなりますので、それも借り入れる際の考慮に入れてください。
しかし、それは家を建てるタイミングの問題でもあり、そもそも金利が高いときに家を購入すべきではないでしょう。


金利が長期間低い時期を狙って家を建てれば、返済額を抑えることが可能になります。
適用期間が終わったときは、そのまま固定金利を継続するか、適用期間を変更するか、または変動金利に変更することも可能です。
この適用期間の選び方によって返済額に差が出てくるので、契約する際に銀行とよく話し合って、アドバイスを受けることでしょう。


金利が低いところと言えば、ネット銀行が候補にあがってきますが、一般的に金利が低い金融機関は審査が厳しい傾向があります。
また、ネット銀行は対面で相談することができないため、書類集めなどすべて自己判断で行わなくてはなりません。
多少金利が高くても、じっくり相談することができて、融通を利かせてくれる地元の地方銀行で借りた方が良い場合もあるのではないでしょうか。